タダで物件は貰うな!家を無料でゲットしてはいけない理由




Pocket

こんにちは!築古戸建て投資家のエリック@eric7blogです!

できることなら、物件をタダで貰うなんて夢ですよね?

私も密かに物件を無料でもらってみたいという欲望がありました。

しかし、脇田雄太さんのセミナーに参加して目から鱗な話を教えて頂いたのでシェアしたいと思います。

タダで物件を貰ってしまうと、国が決めた固定資産税から贈与の税金が計算されてしまいます。

一方で、千円でも1万円でも「購入」するのであれば、贈与税から免れることができるのです。

この記事では、物件をタダでもらってはいけない理由を解説しますね。

タダで物件を貰うこと贈与税がかかる

田舎の家をタダもいいから手放したいという方は少なからず存在します。

最近、空き家問題が報じられていますよね?

実家には誰も住んでいない状況で、空き家のまま放置していると、近所の人に迷惑になるのではないかと心配されている方がいます。

迷惑になるぐらいなら誰か、しっかりと管理してくれる人に譲りたいのです。

私はまだそんな幸運に遭遇したことはありません。

ただ、立派なお家でないことは想像できますよね。

ボロボロだから、タダでも良いから誰か引き取ってくれという状況になるのです。

普通の家であれば、「売却」しようと思いますよね。

何年も空き家になっていて、雨漏りやシロアリによりボロボロになってしまっていることでしょう。

大金をはたいてまで購入したくないレベルなのは想像できます。

ただ我々の価値観では無料でもらって当然の物件でも、無料で貰うと贈与税がかかってしまうのです。

物件の価値は固定資産税評価額で決まる

公示地価」って言葉を聞いたことがありますか?

国土交通省の鑑定員が「このぐらいの金額ですよー」と毎年適正価格を出していくのです。

この公示地価の約70%で土地の基準を固定資産税評価額を割り出します。

建物の価格は、建築費の約50%〜70%で固定資産税額評価額が計算されるのです。

亀太郎
ボロ屋の価値は0じゃないのかよ

この固定資産税から贈与の金額を割り出して計算されます。

どんなにボロボロの物件でも固定資産税で0円はあり得ません。

土地が存在するので、土地の金額から計算されてしまうのです。

田舎の土地に建っている物件でも固定資産税って1万円5千円以上はしますよね?

固定資産税評価額は田舎でも200万円、300万円かかってしまうのです。

亀太郎
ボロ屋なんだから解体費用も計算してくれよ

贈与税の計算の仕方は?

贈与に税金がかかるのは1年間に110万円以上になります。

110万円以下なら贈与税はかかりません。

貰う物件の固定資産評価額が110万円以上であれば、200万円以下は税率10%、300万円以下は税率15%払う必要があります。

110万円は基礎控除額として免除となるので、200万円の固定資産税評価額の物件をもらうのであれば

200万円ー110万円(基礎控除額)=90万円

90万円×税率10%=9万円(贈与税額)

国に9万円の贈与税を納める必要が出てきてしまうのです。

亀太郎
タダでもらったんだから税金納めろよ

タダではなく売買契約にするべきだ

タダでもらったんだから、9万円ぐらいケチケチせずに税金納めろよ。と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが!

いやいや200万円の価値の方がおかしいだろ!って私は思ってしまいます。

エリック
解体費用に100万円以上かかるんだから、建物の金額は0じゃなくてマイナス100万円やろー!

納得のいかない固定資産税評価額を免れるには、タダで取引しなければ良いだけなんです。

贈与にしなければ良いだけ。

千円でも1万円でも良いから売買契約にすれば良いのです。

お互いが同意した売買契約であれば、贈与税が発生しません。

まとめ

タダで物件を貰ってはいけない。ってすごいですよね。

贈与税と実取引の歪みを感じました。

脇田雄太さんすごいですよね。

これは物件はタダでもらったことのある人でないと気がつかない点で驚きました。

空き家不動産投資家の村上祐章の廃墟をリスク0で賃貸する方法




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?