雨漏りを屋根工事プロに修理方法と費用を教えてもらった【99万円の家】




Pocket

こんにちは!築古戸建て投資家のエリック@eric7blogです!

先日購入した99万円物件の雨漏りや屋根業者に見てもらいました。

プロの見解は消去法で、原因っぽいところを潰していくとのこと。

壁の割れ目をコーキングしてもらい、くらしのマーケットで1万円で修理してもらいました。

この記事では、99万円物件のプロの見解を紹介します。

屋根業者さんとのやりとりは動画でも見れます↓

雨漏りの原因を見つけるのは消去法

実は雨漏りはプロでも原因を見つけるのが大変です。

雨漏りの原因っぽい場所を修繕し、様子をみるの繰り返しになります。

雨漏りがあるとポツンポツンと音がしたり、雨染みが増えます。

「ここでもない、あそこでもない。」

雨漏りの原因を、見つけるには消去法になってしまうのです。

雨の日に屋根裏に登って、雨漏りしている箇所を確認する方法もあります。

雨の降ってくる向きや強弱も違うので、なかなか原因を見つけるのは大変そうですよね。

壁コーキングの割れ目と釘頭が最有力候補

私が99万円で購入した千葉県袖ケ浦市の物件は雨漏りがあります。

屋根業者に見てもらったところ、雨漏りの原因らしいところは壁のコーキングの割れ目と言われました。

上の画像のようにつなぎ目にあったコーキングが劣化して、空間ができてしまっています。

エリック
点々とある釘頭も原因かもしれないとのことでした

釘を打った小さい穴が、綺麗に最後まで打ち込まれていないと雨が入ってきてしまいます。

最初にお伝えした通り、つなぎ目のコーキングと釘頭にコーキングはくらしのマーケットで1万円で、やってもらいました。

棟板金の下の木が腐っている可能性

棟板金とは、屋根と屋根の間に被している物です。

この棟板金に雨が入ってしまい、下にある木が腐っている可能性があります。

棟板金の下の木が腐っている場合は、棟板金が浮いていることがあるとのこと。

棟板金と棟板金下の木を新しくするには、業者にお願いすると足場なしで20〜30万円ほどかかってしまいます。

屋根塗装で隙間を埋める

最終手段としては、屋根の塗装をする必要があるとのことでした。

塗装をすることで、屋根の隙間を埋めることができます。

エリック
塗装には足場をかけて足場のネットつける必要が

塗装の金額は葯70〜80万円。

色々な手をつくしてそれでもダメだったら塗装しかありません。

まとめ

プロでも原因を見つけるのが大変な屋根の雨漏り。

今回は隙間をコーキングで打ってるもらって1万円でした。

これで雨漏りが止まることを祈るしかありませんね。

屋根修理は普通の屋根業者にお願いするよりも、個人の方にお願いするのが圧倒的にお安かったです。

私はくらしのマーケットでしたが、ジモティや個別にホームセンターで大工さんをナンパする方法もありですね。






Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!