DIYリフォームに不可欠!ビス、ネジ、クギの違いや使い方




Pocket

こんにちは!築古不動産投資家のエリック@eric7blogです!

ビスって、なんだよ!って思いませんか?

DIYを始めるとビスは欠かせない物ですが、実際よくわかっていませんでした。

小さい「ネジ」のことをビスと言います。

らせん状の溝がついている物すべてがネジです!

ビスはネジ山がついているので、上からの引に抜きには最強!

しかし横からの圧力には弱くすぐに折れてしまいます。

エリック

クギはその真逆なんです

この記事では、ビスとネジとクギの違いやDIYリフォームでの使い方について説明します。

ビスとは?

ビスは先端が尖っていて螺旋状のネジ溝がついている「ネジ」のことを言います。

頭のマイナスの溝か、プラスの溝がある8mmよりも小さいものがビスです。

エリック
小さいネジがビスと言われます

木材だけでなく、コンクリート用のビスもあり、家を作るのに必需品。

インパクトドライバーという工具を使うと一瞬で、打ち込むことができます。

ネジ山がついているので、釘よりも引き抜きには強度があります。

一方で、ビスには弱点があり、横方向に圧力があると簡単に折れてしまいます。

ビスは大きく分けて全ネジと半ネジで2種類です。

全ネジ

全ネジは全体的にネジ溝になっています。

全ネジは頭の部分がとれてしまっても、問題なく締め付けができます。

一方で、全部がネジ溝のため、木材と木材をくっつけるのに隙間ができてしまう欠点があります。

半ネジ

半ネジは先端半分のみがネジ溝です。

半ネジの上部には溝がありません。

上部に溝がない分、木材同士をくっつけるのに向いています。

ただし、頭の部分がとれてしまうと、木材同士が離れてしまう可能性があります。

らせん状のヤツは全部「ネジ」

らせん状の溝がある物を全体的に「ネジ」と言います。

エリック
だからビスもネジなのか

釘(クギ)とは?

クギは、らせん状になっていない先が尖っている物ですよね。

木材を打ち込んだり、物をかけたりするのに使います。

エリック
クギは螺旋状になっていない為、引き抜きには非常に弱いです

打った直後はしっかりしていても、時間がたつと木材の変化により抜けやすくなってしまいます。

クギの長所は、横方向からの圧力!

クギは曲がるので横方向に力が働いても、折れずに耐えきることができます。

まとめ

らせん状になっている物は、全部ネジ!

ビスもネジの仲間です。

ビスは、上への圧力には強いけど、横からの圧力には弱い欠点があります。

一方で、クギは横からの圧力には対応できますが、上からの引き抜きには弱いです。

それぞれ状況に分けて使い分けることができきますね。

 


マキタ 4モード・インパクトドライバTP141(18V)青 トルク150Nm 6Ahバッテリ2本・充電器付 TP141DRGX




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?