戸建て不動産投資に団体信用生命保険をかける必要があるのか?




Pocket

不動産投資をする上で必ず知っておいたほうがよい保険として、団体信用生命保険(団信)があります。

団体信用生命保険に加入することで最悪の事態が本人に起きたと時でも、借りているローンを完済してくれるメリットがあるため残された家族の心配を減らすことができます。

ただこれは普通の不動産投資家の場合です。

今回紹介するのは戸建て不動産投資家の場合、団信をかける必要があるのかです。

まず結論から述べると、戸建て不動産投資家は団体信用生命保険(団信)をかける必要がありません。

戸建て不動産投資家であれば団信に加入しなくても、自力で団体信用生命保険に加入のメリットを補うことができるからです。

そこで今回は、戸建て不動産投資家が団体信用生命保険に加入する必要があるのかを解説します。

団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険とは、住宅ローンの契約者が死亡した時や3大疾病・身体障害保障・介護保障が必要となった時に、残りのローンを完済してくれる保険です。

住宅ローンの返済が基本的に長期にわたるため、期間中に契約者に万が一の事態が発生した時に残された家族にローンを残さないためにも、団体信用生命保険に加入する人が多い状況です。

各金融機関にもよりますが、住宅ローンを利用する時には団体信用生命保険への加入が義務化されている場合があります。

エリック
住宅ローン利用時に確認していくと良いですね

さらに団体信用生命保険は、保険料と言う形で請求されずにあらかじめ金利に上乗せされていることもあるので、住宅ローン利用者が知らない間に加入していたということも起こっています。

健康状態に異常があると加入できないことも

団体信用生命保険は、住宅ローンに付帯しているイメージもありますが、基本的には普通の生命保険みたいなもの。

健康状態に問題があると加入できないこともあります。

通常の生命保険よりも告知項目は少なく設定されているので比較的に加入しやすいのが特徴ですね。

団体信用生命保険に加入することをはじめから希望している人は、民間の健康状態に問題があったとしても加入することができる生命保険を探してみると良いですね。

団体信用生命保険でカバーできないリスクは?

団体信用生命保険に加入をしているからといって、住宅ローンの返済において安心してはいけません。

団体信用生命保険にはカバーできないリスクがあるからです。

団体信用生命保険でカバーできないリスクとは、指定された状態以外で働くことができなくなった時です。すなわち長期的に仕事ができなくなり収入が無い状態を指します。

このようなリスクがあるので団体信用生命保険に加入をしたから安心することはできません。

働けない状態となっても住宅ローンの返済は続ける必要があります。そのため働けなくても住宅ローンを返済することができる就業不能保険に加入しておくようにする方法もあります。

就業不能保険であれば、万が一働けなくなったとしても毎月定期的に一定金額を受け取ることができるのです。給料がなくても最低限の収入を得ることができるのです。

団体信用生命保険でカバーできないリスクが心配な人は

団体信用生命保険でカバーできないリスクも心配ですよね?

収入源を3つ作っておくと安心できます。

保険だけに頼っていては将来的の不安を払拭することはできないからです。

特に不動産投資は不労所得性が高い投資。

そのため一度収益が発生し始めたら、自分が働かなくても安定した収入を期待できます。

その期間に本業の収入を上げたり、副業で新たな収入を確保して資産を蓄えておくことも検討しておきましょう。

最近では副業が流行ってはいますが、本業と副業を両立するのはかなり大変です。

そこで自分で働く必要が無い不労所得性のある投資をしておけば、さらに安定した継続的な収入を作りだすこともできます。

団体信用生命保険に頼らない収入を他に作っておけば、団体信用生命保険でカバーできないリスクを考えなくても済むのです。

後程紹介しますが、戸建て不動産投資のように団体信用生命保険に加入が必要ない、不動産投資をしておくという手もあります。

戸建て不動産投資に団信は必要なのか?

それでは戸建て不動産投資にとって団体信用生命保険は必要なものなのでしょうか?

結論から解説すると、戸建て不動産投資に団体信用生命保険は必要ありません。

そもそも団体信用生命保険に加入するのは、契約者にもしもの事態が発生し住宅ローンの返済ができなくなった時のためです。

戸建て不動産投資では、そもそも投資自体にかかる費用が普通の不動産投資に比べて安く、場合によっては現金で購入することができます。

そのためローンを返済できないと言う事態に陥る可能性が低く、団体信用生命保険に加入する必要がないのです。

もしもの事態が起きた時でも、土地と物件を売却することでローンを返済できてしまうので、そもそも団体信用生命保険に加入する必要がありません。

戸建て不動産投資とは?

戸建て不動産投資とは、マンションやアパートの一棟買いやマンションの一室を購入するわけではありません。

一戸建ての住宅を購入して賃貸物件として貸し出す不動産投資となります。

そのため戸建て不動産投資の特徴としては、マンションやアパートのように何室も貸し出すわけではなく、一戸建てをそのまま貸し出すので一人の入居者さえ決まってしまえば空室のリスクを考えなくてすみます。

マンションやアパートに比べて戸建ての場合は入居年数が長くなる傾向があり、さらに空室リスクを抑えることもできるのです。

一戸建ての場合は家族で入居することがメインとなるので、こどもが学生の内は引っ越しをする機会が少ないためとも言えるのです。

さらに中古の戸建て物件であれば、安く物件を購入して必要な箇所をリフォームするだけで貸し出すこともできるので、それなりの利回りを期待することも可能となります。

まとめ

不動産投資を始めるのに何千万円ものローンを組んで物件を購入すると考えているのであれば、それは非常にリスキーなことをしていると理解しておく必要があります。

そのような投資をする場合には、確かに団体信用生命保険に加入をしておけば安心して投資ができるかもしれません。

しかし、そもそも戸建て不動産投資であればそこまでのお金をかけなくても不動産投資を始めることができます。すると団体信用生命保険に加入するメリットがなくなり、そのかかるはずだった費用すらも投資に回せてしまいます。

確かに投資においてはリスクを取らなくてはリターンを望むことは厳しいかもしれませんが、取る必要がないと分かっているリスクであれば、無理にリスクを取らない方が賢明でしょう。

大切なのは、なるべくリスクを取らずに安定したリターンを得ることができるのか。まさにそれを実現しているのが戸建て不動産投資です。

不動産投資のリスクとは?賃貸物件初心者でもわかる要点解説




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?