物件購入時に不動産仲介手数料の値下げ交渉をすべきでない理由




Pocket

こんにちは!築古戸建て投資家のエリック@eric7blogです!

不動産仲介手数料が値下げしてもらえることを知っていましたか?

結論から先に言うと、不動産売買の仲介手数料は値下げしてもらえますが、不動産業者に嫌われるのでやめましょう。

300万円の物件の仲介手数料の3分の1値下げしてもらったところで、約5万円です。

5万円の値下げよりも、不動産業者の営業マンに好かれて、他の物件を紹介してもらう方が今後につながるからです。

この記事では、不動産取引で仲介手数料の値下げ交渉をしてはいけない理由を解説しますね。

不動産仲介手数料とは?

不動産取引の仲介手数料は成功報酬型です。

買う時と売る時にだけ手数料を支払わないといけません。

不動産売買したことのある人であれば、右から左に売るだけで、不動産業者はこんなに手数料がもらえるのか?と思った方もいるのではないでしょうか。

成功報酬型である為に、支払った側はそう思ってしまうのも無理がないでしょう。

実際は不動産業者は、買主を見つける為に日々努力を重ねています。

不動産業者を開業するのに300万円ほどかかり、レインズに登録するのにお金がかかります。

手数料を支払って、ポータブルサイトに載せますよね。

多くの物件を掲載し、ようやく物件内覧の申し込み。

内覧に案内したからとはいえ、決済に繋がるとは限りません。

数々のアクションをしてようやく一つの売買契約に結びつくのです。


正直不動産(1) (ビッグコミックス)

上限があるだけで仲介手数料は決まっていない?

不動産仲介手数料には上限が存在します。

上限が決められていますが、買主が何も言わない場合、自動的に上限金額になります。

売買価格仲介手数料の上限
200万円以下取引額の5%+消費税
200万円超400万円以下取引額の4%+消費税
400万円以上取引額の3%+消費税

あくまでも仲介手数料の「上限」である為、値下げを交渉することは可能です。

売主と買主の両方から手数料をもらう、両手取引の場合は不動産業者の両手で決めたい気持ちが強いので手数料を割り引いてくれやすいです!

関連:片手取引と両手取引の違いは?不動産取引の仲介手数料の考え方

不動産屋には儲けさせろ!不動産業者に好かれる方が大切

突然ですが、物件の金額あたりの仲介手数料を見てみましょう。

売買価格仲介手数料(消費税10%)
1,000,000円55,000円
2,000,000円110,000円
3,000,000円154,000円
4,000,000円198,000円
5,000,000円231,000円

築古戸建て投資家が物件を買うのは、200〜400万円がボリュームの多いゾーンですよね。

例えば、不動産業者が手数料の3分1の金額を割引してくれたとしましょう。

300万円物件の3分の1の仲介手数料を値引きしてくれたとしても、約5万円です。

この5万円は大きく感じますか?

亀太郎
5万円の値引きはデカイだろ

不動産投資では一声で10万円、100万円の金額が値下げしてもらえますよね。

たった6万円の為に、大切なチャンスを逃してもいいのでしょうか。

不動産業者と営業マンは素晴らしい物件を運んできてくれるキューピットです。

キューピットには好かれないと、次に良い物件を紹介してもらえません。

不動産業者には儲けさせましょう。

目先の小銭を拾ってはいけません。

不動産業者に儲けさせない投資家は嫌われてしまいます。

まとめ

不動産売買の仲介手数料は、値引きしてもらうことが可能です。

しかし、値引きしてもらうと不動産業者の利益を奪ってしまいます。

わずかな手数料の節約よりも、不動産業者に好かれることの方が大切です。

きっと次に良い物件を紹介してくれることでしょう。

不動産会社から好かれる大家になる4つの秘訣