【人気エリアを狙うのは損】不人気な地域こそ投資利回りは高い




Pocket

こんにちは!ゆるニート大家のエリック@eric7blogです!

不動産投資初心者の方が狙うエリアって、被ってるんですよね。

東京から行きやすいエリアや、誰もが知っている駅に人気が集中しがち。

人気エリアの場合は、物件の購入価格が高くなってしまいます。

一方で、田舎の不人気エリアは、戸建ての供給自体が少ないので、高めの家賃を設定することができるのです。

この記事では、不人気地域に投資をするべき理由について紹介します!

中古物件の人気エリアとは?

みんなが知っているエリアは、既に競合がいることが多いです。

中古物件の人気エリアとはどんな駅でしょうか。

  • 天気予報で名前が出ている都市
  • 新幹線や特急が停まる駅
  • 東京に出やすい駅
  • 人口が多い街

不動産投資初心者の方が物件を探す際に、上記のエリアから探していきます。

自分が知っている地域じゃないと不安。

東京から行きやすい地域が良かったり!

探す傾向が似ているので、被ってしまうんです。

人気エリアは、物件が出た瞬間に売れます。

さらに相場がお高めなんです。

不人気エリアでも大丈夫なエリアは?

お家賃が入れば、どこのエリアでも大丈夫なんです。

人気のエリアにわざわざ今から参入する必要はありません。

どんな田舎でも、お家賃がもらえれば勝ち。

物件の仕入れ価格と、物件を貸す金額が大切になってきます。

こだぽん
どういうエリアなら大丈夫なの?

私の祖母は、SUUMOやat homeで「◯◯駅 賃貸 戸建て」で検索して、20軒以内のエリアに絞っています。

入居者が決まるエリアは、家の供給が少ないエリアですよね。

わざわざ戸建て物件がたくさん出ているエリアに進出していくべきではありません。

田舎でも家はあります。

戸建てに住みたい人を見つけていきましょう。

ひたらすら検索して探すのみ

「オススメのエリアはありますか?」と聞かれることがあります。

こればっかりは自分で、検索を繰り返して見つけていきましょう。

エリック
人の意見は聞くべきではありません

「◯◯駅が良い!!」って言った人の価値観はあなたとは違います。

賃貸需要が良かったのは、数年前、数ヶ月前の話かもしれませんよ。

我々が必要なのは、今現在の賃貸需要があるかないかです。

エリック
自分でとにかく検索するのみ!

家の供給さえ少なければ家賃は落ちません。

田舎なのに賃料がそこそこあるエリアもあります。

賃貸相場は需要と供給です。

賃貸物件があまりでていないエリアでは、そこそこの家賃が期待できるのです。

まとめ

安い物件が見つかりにくいので、不動産投資で人気エリアを狙うのは損です。

田舎でも十分に戦っていけます。

ライバルがいない田舎こそが投資利回りが高いんです。

東京から行きやすい場所よりも、ちょっと足を伸ばしてライバルの居ないエリアに行ってみましょう。

人口減少や空き家問題が「田舎で不動産投資」に影響がない理由




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?