不動産投資はいくらで物件が貸せるかが重要です。惚れすぎないで




Pocket

こんにちは!築古戸建て投資家のエリック@eric7blogです!

「この物件がどうしても欲しい!」と思うことがありますよね?

物件が欲しい理由は「儲かるから」じゃないといけません。

不動産投資初心者がやりがちなのが、いつの間にその物件を惚れすぎてしまうこと。

物件が貸せる金額を調べて、いくらで物件を購入するか考えるのみです。

物件の長所は「いくらで貸せるか」の判断材料になります。

あなたの欲しい物件はオンリーワンではありません。

同じような物件はそのうちにまた出てくるので、惚れすぎないようにしましょう。

この記事では、物件がいくらで貸せるかを考えて、物件の購入価格を考えることの大切さについて解説します。

この物件が欲しいと思っても数値を重視

「この物件が欲しい!」と思うことがありますよね?

どうしてもこの物件が欲しい理由に何がありますか。

自分の家から近い、立地が良い、街の空気が好き、部屋数が多い、駐車スペースがあるなど、その物件を購入したい理由はたくさん出てくると思います。

不動産投資の初心者に多いのが、最初に物件を好きになってしまうことです。

エリック
我々はその物件に住むわけではありません

1、2ヶ月のリフォームで数回通うレベルです。

あなたのこだわりは、本当に必要ですか?

不動産投資をするのに、あなたの感情は必要ありません。

その家を愛する必要はないからです。

物件がいくらで貸せて、いくらで購入できるか。

投資資金がいつ回収できるかが、いつから収益になるのが一番大切です。

物件がいくらで貸せるかが大切

選んだ物件がいくらで貸せるかが重要になります。

いくらなら貸せそうなのか?

物件の立地や、下水道、駐車場の台数は全ていくらで貸せるかに直結してきます。

エリック
物件がいくらで貸せるかなのです

物件の長所を見ていると、当初の目的を忘れて惚れ込みすぎてしまう方がいらっしゃいます。

地域の賃貸需要を検索すると、いくらぐらいで貸せるのかがわかってきます。

戸建てが10戸ほど、賃貸サイトに出ているエリアがおすすめです。

10戸であれば程よく戸建て賃貸需要があり、また自分の物件がいくらで貸せるかわかりやすいのが理由です。

エリック
10戸の中から自分の物件を選んでもらうのは、そんなに大変ではありません

もしも全く戸建て賃貸が出ていないエリアであれば、リスクが高いと言えます。

地域をよく知っている人でない限り、手を出すべきではないのではないでしょうか。

貸せないリスクを考えて購入価格を決める

田舎の戸建て物件の場合、すぐに入居者が決まらない場合も十分に考えられます。

万が一にも半年間、入居者が決まらなかったらどうしましょう。

最悪のシチュエーションも考えます。

毎月入ってくるであろう賃料から逆算して、物件の購入価格を決めます。

いくらであったら買ってもいいか。

この金額なら買っても良い金額を考えるのです。

エリック
我々投資家は数多くある物件の中から選べる立場にいます

貸せる金額と購入金額が合わないのであれば見送るべきです。

私は40年〜50年の物件の場合は、1年で回収できる金額を考えています。

最初の1人だけ1年間入ってくれれば、あとは固定資産税のリスクしかありません。

エリック
1年間だったら、そのうち入ってくれそうな気がしませんか?

田舎のボロ物件の場合は、リスクがあるからこそ、こちらの有利な金額ではないと危ないのではないでしょうか。

まとめ

この物件がどうしても欲しいという気持ちはわかります。

ファミリー向けの戸建て物件はオンリーワンではありません。

同じような物件がそのうちでてきます。

どうか物件に惚れすぎないでください。

大切なのは、物件の貸せる金額と物件の購入金額ですよ。

 




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?