いくら自己資金が必要?不動産投資を始める前に知っておきたい金額




Pocket

田舎戸建て投資家のエリック@eric7blogです!

不動産投資って、めちゃくちゃ高額のイメージありませんか?

5,000万円、1億円ないと不動産投資できないと思いませんか?

結論から言うと不動産投資は、100万円ぐらいあれば始めれます。

意外と少ない資金で物件を購入できる方法を解説します!

不動産投資を始めるには

不動産投資には様々な方法があります。

私のように田舎で戸建てを買う人もいれば、誰もが知っている一等地を買う投資家もいます。

物件の買い方は、2パターン!

・銀行からの融資で買い進める

・現金で買い進める

どちらが優れているか?

と言うよりも、どちらの方法が自分の状況やなりたい将来に合っているかです。

あなたの手持ちの金額や年齢、性別、勤めている会社の信用度など様々な要素で検討しましょう。

銀行からお金を借りる

不動産投資の一般的なパターンが、銀行からお金を借りて投資します。

不動産を担保にし、お金を借りて物件を買うので、土地建物ともにある程度の価値がないとお金が借りられません。

信用度の高い職業だと、どんな物件でもお金が借りられてしまうこともあります。

私が実際に投資している、田舎の戸建ての場合は、一戸目は融資がおりにくいです。

中規模な都市の区分マンションや一棟物物件はお金を借りて投資ができます。

エリック
フルローン、オーバーローンという言葉を聞いたことがありますか?

フルローンは、物件の全額、銀行が融資してくれるということ。

オーバーローンは、物件購入時にかかる、不動産仲介手数料などの購入時にかかる経費も銀行が融資してくれるということです。

始めの1件目から、フルローンは難しいです。

また物件をフルローンで購入しても、リフォーム費用や税金などでなんだかんだお金がかかってしまいます。

すぐに入居者が決まるとは限りません。

いきなり何かが壊れてしまうかもしれません。

破産しない為に現金には余裕を持った方が良いですね。

何かあると詰んでしまうので、融資を受ける場合も100万円はあった方が確実です!

【ローンは使いません】私が不動産投資物件を現金で購入する4つの理由

現金で買い進める

私の購入した一番安い物件は、土地と建物で180万円で購入しました。

私が師匠として崇めているジム鈴木先生の一番最初に買った物件は26万円です。

極端に言えば26万円で不動産投資が始められるということですが、なかなか26万円の物件を購入するのは難しいです。

最近、築100年越えの50万円の物件を見つけました。


50万円の物件なら、リフォーム代あわせて100万円〜200万円ぐらいで賃貸に出せますよね。

物件購入後は、リフォームローンにて日本政策金融公庫から融資が受けます!

現金で物件さえ買ってしまえば、物件を担保にして融資が受けやすいです!

初心者に100万円の物件を買えというのは、中々ハードルが高いかもしれません!

最初は普通の200〜300万円の物件が簡単ですね!

現金で購入する場合は、100万円からスタートすることも可能ですが、できれば200〜300万円あった方が好ましいと言えるでしょう。

まとめ

大きな借金をしなくても不動産投資ができます。

大きな借金をしてしまうと夜に眠れなくなります。

最初に失敗しない為にも地に足をついた状況で、始めてみてはいかがでしょうか。

失敗してもなんとか取り返せるぐらいの少額から不動産投資を始めてみましょう。

東京に住んでる場合は、不動産投資でどのエリアを狙ったらいいの?




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?