不動産投資のインカムゲインとキャピタルゲインとは?




Pocket

こんにちは!エリック@eric7blogです!

不動産投資を勉強しているとインカムゲインとキャピタルゲインといった聞きなれない言葉がでてきますよね?

不動産投資は大きく2つの収益形態があります。

インカムゲインは家賃収入のように定期的に入ってくる収入を言い、キャピタルゲインとは不動産の売買益のことを言います。

私は家賃収入目当ての不動産投資を行なっているのでインカムゲイン収入派です。

インカムゲインとキャピタルゲインについて詳しく解説しますね!

不動産投資のキャタルゲインとは?

キャピタルゲインは英語でなんか難しそうに聞こえますよね!!

不動産が値上がりして売却した時に得られる利益のことを言います。

300万円の物件を買って、500万円で売ったら200万円の収入になりますよね!

この200万円のことをキャピタルゲインといいます。

気をつけなくてはいけないのが、不動産の売買には税金がかかってきてしまうこと。

短期で売却するか長期で売却するかでも、税率が変わってきてしまうのです。

5年未満の短期売却であると利益に39.63%、5年以上の長期所得だと20.315%の税率がかかります。

エリック
たけぇえ

5年未満で売却すると結構エゲツない税金がかかってしまいますよね。

また5年といっても、1月1日を決算日とするので1月1日を5回迎えなくてはいけません。

時期によっては6年近くになってしまうこともあるんです。

キャピタルゲイン目当てで物件を持ってしまうと、売却するまで利益が確定しません。

物件の価格が5年後に上がるかは、予想しづらくプロでもキャピタルゲイン目当ての不動産投資は難しいと言われています。

個人的には数年の間、利益が出るかわからない物件を長期保有し、利益が出たとしても税金が結構かかってしまう、キャピタルゲイン目当ての投資はしていません。

不動産投資のインカムゲインとは?

不動産投資のインカムゲインとは、定期的に入ってくる収入のことで賃貸収入のことを言います。

キャピタルゲインと違って、物件を購入し、リフォーム後に入居者が入れば、大体の利益の計算ができます。

戸建て不動産投資の場合は、入居期間もながく、物件を売らなければ、インカムゲインはほぼ不労所得にもなります。

【実体験】戸建て不動産投資はほぼ不労所得だと思う理由

インカムゲインのおすすめの戸建て投資方は?

おすすめのインカムゲイン目当ての不動産投資は、田舎で戸建て物件を購入し、賃貸に出す方法です。

田舎では100万とか200万円で物件を購入することができます。

亀太郎
田舎で物件を買っても住む人はいるの?

実は地域や駅ごとに検索すると、アパートの空室はたくさんあります。

しかし、戸建ては10件ほどしか賃貸物件として出てないんです。

亀太郎
あれ?空き家って溢れてるんじゃなくて?

確かに空き家は溢れています!

しかし、空き家で人が住めるレベルの物件ってあまり賃貸に出されていないんです。

両親が亡くなって空き家になっても、自分たちが育った思い出の家を荷物を全部撤去して、さらに大金をかけてリフォームしようなんて思わないんです。

貸家にするにはリフォームをかける必要があるのですが、そこまで普通の人はかけたくないんです。

需要と供給がマッチしていないのが、田舎。

低価格で戸建てが購入でて、賃貸に出せる戸建てが私はおすすめです。

田舎戸建て不動産投資って実際、儲かるの?