台風15号で屋根の瓦がぶっ飛んでガチでつんでる




Pocket

こんにちは!戸建て不動産投資家のエリック@eric7blogです!

台風15号の被害は大丈夫でしたか?

私が購入した千葉の館山市の物件では、1週間ほど停電と断水になってしまった地域でした。

海沿いの地域な為、多くの家の瓦がぶっ飛び、付近ではブルーシートで覆われた家しかないほど。

私の物件では購入したばかりなので入居者がいない状態で、屋根の瓦が10枚ほどぶっ飛んでしまいました。

入居者がいないこともあり、人の心配をしていて遠慮したことにより失敗し反省しています。

私の失敗から学べることがあったらと記事にしました。

築古戸建て物件の火災保険の入り方!特約や加入会社は?

台風15号で屋根の瓦がぶっ飛んだ

停電と断水ってなかなかキツイですよね。

千葉県の館山市は、ニュースになるほどの被災地域。

私は迷惑になるまいと停電と断水が解消された1週間後ぐらいに落ち着いてから物件を見に行ってきました。

その時みた光景は映画をみているようで動揺したのです。

屋根がぶっ飛んで、家の中が完全に見えている物件。

ほとんどの家がブルーシートが多い被さっている地域。

台風の前と後では全然違う世界が広がっていたのです。

私の物件は、幸い瓦が10枚ほどぶっ飛んでいるだけでした。

そこで思ったのが、私の物件は誰も住んでいないし、もっと大変な人が優先して屋根を直すべきだ。

屋根がぶっ飛んでいる人がたくさんいる中で、瓦10枚ほどのうちは待とうと思ったのです。

市のボランティアにブルーシート張りをお願いした

被災後の1週間後に私がまずしたことは、館山市役所に行きボランティアにお願いに行きました。

何も情報がない状況で、とりあえず館山市役所に行き、どうすれば良いのか聞くことにしたのです。

私が市役所でお願いしたことは4つあります。

・ブルーシートをもらう

・土囊袋をもらう

・災害用のゴミ袋をもらう

・ブルーシート張りをボランティアさんに依頼する

ブルーシートと土囊袋、災害用の無料でゴミを捨てられるゴミ袋をその場でもらいます。

受付でボランティアさんにブールシート張りを依頼しました。

いつ来れるかわからないと受付で言われましたが、ブルーシート張りの方は5日ほどで来てくださり、飛んでいる瓦をブルーシートで覆うことができたのです。

ブルーシート張りは、屋根から落ちて亡くなった人がいるほどの作業で、一般人は屋根に絶対に乗るべきではありません。

結局ブルーシート張りは、我孫子消防隊の方々が貼ってくださりました。

台風19号の2次災害

ブルーシートを貼っていただき安心していたのもつかの間。

台風19号で、貼ってもらったブルーシートがぶっ飛んだのです(笑)

エリック
まじかよ!

ブルーシートって数ヶ月ぐらい余裕で持つんじゃなかったのかよ!という気持ちになりました。

ここで、再び館山市にブルーシート張りをお願いしようとしたところ

5万円?

8万円?の費用がかかるとのこと。

OH MY GOD!!

結構キツイやんけ!と思いましたが、冷静に考えたらブルーシート張りも火災保険で、賄えるよね?と思い、保険屋の代理店に連絡後、館山市のブルーシート張りをお願いすることにしました。

保険屋も混んでいるので、ブルーシート張りがオッケーか忙しくて返事がこない。

しかし、5万円か8万円だけど、万が一保険が出なかったとしても、背に腹は変えられない。

雨漏りしたり、瓦の下の木が腐ってしまったら終わってしまう。

木が腐ってしまったら、何百万円かかかってしまうかもしれない。

意を決して千葉県にブルーシート張りを依頼したところ、断られたのです。

もう一度言います。行政に断れたのです。

お金払うのにですよ。

有料なのに断れたのです。

理由は私が購入した物件の名義が「法人」だから。

意味がわかりません。

法人名義だと有料でも仕事を依頼できないのです。

エリック
つんでる

ヤベェ瓦屋が見つからない

うちは誰も住んでないから、他の被害が大きい人を優先してもらおう。

落ち着いたら瓦屋に電話しよ!と思ったのが大きな間違いでした。

私は台風15号から落ち着いたと思われる1ヶ月後ぐらいに瓦屋に電話することにしたのです。

館山市内の瓦屋

やばい!と気がついたのは、館山市の瓦屋に電話した時でした。

館山市にある瓦屋2軒に電話したのですが、災害から1ヶ月経っているにも関わらず、

「まだ全然いつになるかわからない。今100軒とか200軒の物件の修理を依頼されている」

エリック
終わった・・・

災害後1ヶ月経ってこれとか、つんでます。

職人とのマッチングアプリ

友人に紹介してもらった「助太刀」という職人さんと依頼者のマッチングアプリを利用しました。

「千葉県 屋根」の職人さんに5人に連絡することにしました。

状況と現状の写真を詳しく送ったメッセージの返信は、「既読」がついたまま誰からも返事が来ていません。

これは期待してはいけないやつだ。と方向転換。

どの業者も職人も忙しいのである。

館山市の土建組合

私の状態はかなり不利な状況です。

なぜかと言うと物件を購入したばかりで、リフォームを一度も入れていないから。

地域の人からすると「一見さん」なんです。

依頼がたくさんある時は、どんな業者さんでも取引先や知り合いなども最優先にしますよね。

それが何もない状況なので、キツイんです。

館山市の土建組合に電話しても、今どこの業者もきついんですよ!と一言で断られてしまいました。

保険に入っているからと安心してはいけない

現在ブルーシートも掛けれれていない瓦がいくつかあります。

雨ざらしになっているので瓦の下の木がマジでやばいです。

保険に入っているかといって余裕を持っていてはいけません。

直してくれる業者がいないのです。

ブルーシートでもいいから早く終わらせないと木が腐ってより貸し出すまで時間がかかってしまう。

最初は住んでいる地元の人をと優先して考えていましたが、災害時は我が身を優先することが一番大切と気づかされました。

瓦が直っていないと賃貸にも出せない。

必死にブルーシートと瓦直せる人を探しています。

追記:2019年11月なんとか応急処置ができました!

家の屋根写真を撮るにはトイドローンが最適!物件の火災保険の申請に




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?