子供の教育資金を何で貯める?目安と貯め方の攻略法




Pocket

結婚して子供が生まれると、当然必要になってくるのが子供の教育資金。

両親が共働きの場合は、子供を保育園や幼稚園に預けなければなりません。

そうなると子供が小さいうちから教育資金がかかります。

あとあと必要になったときに困らぬよう、事前に教育資金を貯めておくのがおすすめです。

この記事では、子供1人を育てる教育資金の目安と貯め方をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ

・子供の教育資金が不安な方

・教育資金の稼ぎ方を知りたい方

・老後の年金が不安な方

具体的にいくら必要なのか?

子供を幼稚園から大学まで行かせるのに、どのくらい教育資金が必要なのか計算したことはありますか?

一般的に、子供1人にかかる教育資金は1,000万円と言われています。

 

教育資金は学費だけではありません。

学費や教科書代など学校に行くための費用のほか、子供に習い事をさせるための費用や塾の費用、参考書代など、学校外でも教育費用は発生します。

 

後々に困らないよう、子供の教育資金を準備するためには具体的にいつまでにいくらのお金が必要なのかを明らかにすることが大切です。

 

今回は、子供1人を国公立の学校に行かせる場合を例にしてご説明します。

文部科学省の「子供の学習費調査」から出された平成28年度の結果をもとにすると、具体的に以下のような金額が必要になります。

時期金額
幼稚園682,117円
小学校1,934,173円
中学校1,433,090円
高校1,351,336円
合計5,400,716円

これは3歳から幼稚園に入園し、高校を卒業させるまでにかかる金額です。

すべて国公立に行った場合を想定しているので、もし私立の高校や大学に行かせる場合は、この3倍4倍はかかると思ってください。

今から大学までにいくら貯めればいいのか?

最近は、高卒で働く子供よりも大学にいく子供が増えてきています。

小中高は学費が免除になりますが、大学はそうはいきません。

大学は国公立か私立か、4年制か6年制かによって教育資金が大きく変わります。

 

今回は4年制の国公立大学を例に挙げて説明します。

文部科学省から出された標準額をもとに計算した結果、大学の入学費用と授業料を合わせると、254万4662円という結果が出ました。

ただし、実家から離れて一人暮らしをする子供は、この金額に加えて仕送り代とアパート代が必要になります。

 

また、私立の大学や6年制の大学に通わせる場合は、さらに教育資金が必要です。

高校卒業までの教育資金「540万716円」と、大学に行くための教育資金「254万4662円」を合計すると、794万5378円になります。

 

大学卒業までに約800万円近くの教育資金が必要になるということがわかりますね。

現段階で800万円を準備できる家庭はほとんどないのではないでしょうか。

 

もちろん高校卒業までの教育資金には、学校外でかかる習い事や塾の費用、参考書代なども含まれています。

それらを子供に与えなければ教育資金を下げることも可能です。

 

また、大学へ行くための教育資金を用意できない場合は、奨学金という手段があります。

奨学金を使えば、親の費用負担なしに子供を大学へ行かせることが可能です。

 

しかし、あなたは子供の習い事や塾などの学ぶ機会を減らしてまで、教育資金を節約したいでしょうか。

子供が「ピアノを習いたい」「成績をもっとあげたいから塾に行かせてほしい」と懇願してきたら、やはりできるだけ行かせてあげたいと思うのが親心。

 

奨学金を借りずにできれば大学に行かせてあげたいとも思いますよね。

大学を卒業した時点で、数百万の借金を子供に持たせるのは誰しも抵抗があります。

教育に関しては、子供にできるだけ我慢や苦労をさせたくないと思う親はあなただけではありません。

戸建て不動産投資がオススメ

子供の教育資金を貯める方法にお困りの方は、戸建ての不動産投資がおすすめです。

戸建ての不動産投資なら、投資の資金がない方でも始めることができます。

 

住み手さえ見つけてしまえば、毎月家賃収入が入るのでローンの返済もそれでできます。

家賃収入によって毎月いくらかプラスでお金が入ってきますよ。

子供の教育資金を貯めるために、今の給料から毎月貯金をするのは難しいでしょう。

しかし不動産投資で毎月入ってくる家賃収入があれば、子供の教育資金を貯めることも可能になります。

 

ここで考えてしまうのは、「教育資金が足りない中で、うちには不動産を買う余裕なんてない」ということでしょう。

しかし中古の戸建て物件ならば、資金がない方でも始めることができます。

 

田舎の中古戸建てなら、わずか数十万円から300万円ほどで購入することが可能です。

都内にある新築の物件が数千万で売られていることを考えると、かなりお得ですよね。

 

中古の物件なら物件の購入とリフォーム費用を合わせて300万円以下でできることも。

家賃収入があれば、物件購入に組んだローンの返済に毎月頭を抱えることもありません。

 

重要なのは、住み手が見つかる物件を見つけることです。

立地や建物の構造、設備などいろいろなものが要因となるので、物件選びに関してはきちんと勉強が必要でしょう。

 

不動産投資は勉強を怠らなければ、必ずと言っていいほど失敗をしない投資です。

リスクを最小限に抑えるためにも、きちんと勉強しましょう。

戸建て不動産投資なら老後の年金がわりにもなります

不動産投資は、ほぼ不労所得と言われています。

不労所得があれば、老後に働かなくても収入が得られるので、年金がわりにもなりますよね。

子供の教育資金も重要ですが、子供が社会人になった後今度は自分たちの心配をしなくてはなりません。

「老後に2000万円足りない」という話はよく耳にしますが、教育資金を貯めるのに苦労してきた状態で、老後のためのお金まで準備するのは相当大変です。

 

貯金だけに頼るのではなく、不動産投資をすることをおすすめします。

住み手さえ見つけてしまえば、ほとんどやることがないのが不動産投資。

老後も今と変わらず働き続ける自分と、家賃収入だけでのんびり暮らす自分。

あなたはどちらの将来を選びますか?

老後のお金が不安しかない!貯金がいくらあったら安心できるのか?

まとめ

いかがでしたか?

子供の教育資金を貯めるには、戸建ての不動産投資が断然おすすめです。

実際に子供の教育資金を貯めることが目的で、中古の戸建てへ投資した方もいます。

もちろんその方は不動産投資に成功し、子供の家賃収入だけではなく老後の資金も貯まりました。

おかげで仕事を退職し、今は家賃収入だけで生活しています。

住み手さえ見つけてしまえば何もやることがないので、毎月自動的にお金が入ってきます。

ただし、住み手がきちんと見つかるような物件選びが非常に大切です。

物件選びのコツをマスターすれば、わずか100万円代から不動産投資を始めることができます。

重要なのは、物件の選び方や安くリフォームを済ませる方法です。

子供の教育資金を貯めるために不動産投資をしたのに、損をしてしまったら本末転倒ですよね。

リスクを最小限にするためにも、不動産投資についてきちんと勉強しましょう。

「不動産投資で本当に子供の教育資金が貯まるの?」「不動産投資で失敗しないためには、どんなことに気をつけたらいいの?」など、疑問がたくさん浮かんできているあなた!

まずは不動産投資の本を読んでみましょう。

不動産投資初心者におすすめの本!築古戸建て派が影響を受けた【2019年最新版】

この記事を書いた人

ライター名:バンビ

元広告代理店の営業、現在フリーライターとして活動

人材系、ファッション、美容、旅行など多ジャンルの執筆中




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?