公務員のこれからが心配なら不動産投資がおすすめです!




Pocket

もしかすると公務員だけとは限りませんが今後の日本では終身雇用の安心が崩れ落ちて、職を失うということが起きてしまうかもしれません。

公務員でも現在はリストラをされることはほぼありませんが、将来的にはリストラが起きてもおかしくないかもしれません。

もしそのような事態となった時にみなさんはどのようにされるでしょうか?新たに就職先を探しますか?

もちろん就職先を探すにしても公務員の場合は再就職が難しかったりと、すぐに就職できない可能性もあります。

そこで今回は、もし公務員がリストラされた場合の時を考えてどのようなことが今からできるのか、公務員を辞めたいと思う前にできることなどを紹介します。

人口が減ると同時に公務員の数も減る

まず当然のことかもしれませんが、人口が減ると公務員の数も減少していきます。

同時に現在人口の多い層と言われている、団塊ジュニア世代が将来的には引退を迎えることを考えると、公務員の数は間違いなく減っていくでしょう。

現在でも地方自治体の財政状況の悪化が原因で、公務員の採用人数が抑え気味である地域もあります。

これらのことから公務員の数は確実に減少の一途をたどることは間違いありません。

 

AIの発展により公務員の数が減ることも

 

さらに心配すべきなのは今後のAIやロボット技術の発展により、現在ある仕事の多くがAIに人間と交代させられてしまう可能性があるのです。

多くの公務員が行なっている事務系の仕事は、作業自体は難しいものではありません。

そのためミスが少なく記憶力にも間違いを冒すことのないAIに、仕事を奪われてしまう可能性は高いと言えます。

つまり公務員の仕事ほど、将来的にAIやロボットに取って代わられる可能性が高いものはないので、公務員の数はますます減っていくこととなるでしょう。

もちろんAIの発展により職を失い悲しむ人もいるかもしれませんが、すべての場合でそのようになることはないでしょう。

特に現在、人が行なうと危険だと言われている作業や肉体労働などのキツイ仕事を、ロボットが行なえば生産性も上がり人が危険な目に合わなくても済むようになります。

技術の発展により全ての人が悲しむのではなく、必ず恩恵を受ける人もいます。そして同時に、新たな仕事が生まれてくる可能性も秘めているのです。

少しそれましたが、AIなどの登場により公務員の仕事が取って代わられて、将来的には公務員の数が減少していく可能性があるのです。

公務員の数が減ると?

それでは公務員の数が減少すると、公務員として働いている人たちにどのような影響がでてくるのでしょうか。

公務員の数が減少し、住民サービスの質が低下したりすることはご存知かと思いますが、これから公務員を目指す方や現在公務員の人にも大きく影響してくるのです

一人当たりの仕事量が増え、今よりさらに激務で身体や心が壊れていく

まず一人当たりの仕事量が増えてきます。

当然のことかもしれませんが、現在でも公務員の一人当たりの仕事量は増え続けて、残業が当たり前と言う部署が一定数以上存在します。

ニュースや噂で流れる公務員像はある種、公務員の一部を切り取っただけであって全体的に見ると公務員の仕事量は多くブラックであると言えるのです。

団塊世代の退職や採用数減少により、現在でも増えている仕事量がさらに増えるのです。

間違いなく激務で身体や心を壊す人が増えてくるでしょう。現在でも公務員という特殊な組織で心や身体を病む人多いのですが。

つまり公務員の数が減少すると、現在よりも一人当たりの仕事量が増え、その仕事の辛さや量から身体や心を壊していく人が増えていく可能性があるのです。

そこに追い打ちをかけるように、上司と合わない場合も

さらに、もし上司と気が合わなかった場合には、それは最悪な状態となるでしょう。

公務員の仕事は、上司の許可が無ければ案があったとしても実行することができません。さらに意味のない書類を作らさせ続けたりするかもしれません。

そして当然の如くパワハラやモラハラが存在するのです。

激務の中、上司の協力を得られなかったり、うまく指示が出せない上司が来ると手の打ちようがなくなってしまいます。

もう説明するまでもありませんが、さらなる高確率で身体や身体を壊していくでしょう。

公務員は3年前後で必ず異動があるので、最長でも3年同じ上司と付き合わなければならない可能性があります。

そんな上司と1ヵ月でも厳しいかもしれないのに、3年間も付き合うことになることを想像してしまうと・・・

公務員をやめたとしても収入を得られるといいですね

 

もし、公務員を辞めざる負えない事態となったり身体を壊して休職となったときに、当然ながら収入が減ることが予想できます。

休職であればまだ良いのですが辞めざる負えない場合には、再就職が難しくつぶしがきかないと言われている公務員の場合、非常に困難な将来を想像できます。

そんな最悪の将来が来るかはわかりませんが、今からでも手を打っておくことはできます。

それは公務員として今の内から副収入を得ること、つまり不動産投資をはじめることなのです。

公務員は副業を禁止されているので、副収入を得ることはできないのでは?

そのように思う人もいるかもしれませんが、一定の条件下であれば公務員でも不動産投資で副収入を得ることができるのです。

公務員がバレずに副業で不動産投資を始める方法

手間のかからない不動産投資がおすすめです!

公務員ができる副業は不動産投資しかありません。

さらに不動産投資であれば、一度収入が発生し始めると手間がかからないため、仕事で忙しい公務員にとっては最適と言えるのです。

もちろん、物件を探したりリフォームをしたり、投資資金を借りるためにとはじめは忙しいかもしれませんが、一度軌道に乗せれば後は自動的に収入を生み出してくれます。

不動産投資は不労所得と言えるので、最悪公務員を辞める事態となっても収入が発生し続けます。

さらに一定の条件の下から外れるので、そこまで蓄えた知識や資産から物件を増やして、収入を増やしつつ専業の不動産投資家となる道も生まれるのです。

まさに不動産投資は公務員向けと言っても過言ではないでしょう。

公務員だからと言って安定にしがみついているようでは

公務員だからと言って組織や安定にしがみついているようでは、自分や家族の身を守ることはできません。

年功序列といった日本ならではのシステムが崩壊しつつある今、公務員にもその影響は出てくるはずです。

その時に、本業以外の収入として不動産投資の収入があれば間違いなく助かるのではないでしょうか。

例えば、気の合わない上司やきつい部署にまわされたとしても、公務員を辞めても不動産収入があるということで自分の意見を貫き通すこともできます。

もしかすると、不動産投資が自分に合っていて公務員を退職して不動産投資家として生きていくこともできるかもしれません。

そんな様々な可能性を持っている不動産投資を、将来のことを考えるのであれば始めない手はありません。不安だとすればまずは勉強から始めればよいのです。

学んだ知識から最終的に不動産投資を始めるのか始めないのか選ぶことで問題ありません。

もし公務員の今後のことについて、少しでも気になる場合は自分が動くしかありません。最悪の事態の時に組織は守ってくれませんし、頼ることもできないでしょう。

自分を守れるのは自分だけです。

【不動産投資】何から始めればいいの?5分でわかる初心者の始め方




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?