不動産業者から好かれる大家と嫌われる投資家




Pocket

こんにちは!戸建て不動産投資家のエリック(@eric7blog)です!

不動産業者の営業マンに好かれると良い物件を紹介してくれます。

どのようなタイプの大家が好かれるのか気になりますよね?

不動産業者の営業マンに好かれる大家は、物件が買える大家、買わない理由が明確に言う大家、すぐに行動する大家です!

嫌われる投資家は、指値をしたのに買わない人、態度が大きい人、細かい人、約束を守らない人など。

この記事では、不動産業者から好かれる投資家と嫌われる投資家を紹介していきます。

不動産屋に好かれる大家はこんな人!

 

不動産屋は、不動産屋になりたくて、不動産屋になったという人が少ないです。

学歴がない人、就活で入れる場所がなかった人、怠け者のおっちゃん。

働きたくて働いているわけではない人が多いです。

エリック
不動産屋さんの心理には特徴があるので、好かれるには理由があります!
  • すぐに行動する大家
  • 興味のない物件でもお礼を送ってくる大家
  • 物件を買える大家
  • 買わない理由を明確に言う大家

すぐに行動する大家

  • 紹介したら、当日または翌日に物件を見に行く行動力
  • メールを送ったら、すぐに返信がくる大家
  • 電話に出る。すぐに折り返しの電話ができる。
  • アドバイスしたことを実行してくれる

不動産屋は、すぐに行動してくれる人が好きです。

行動してくれる人だと、自分の仕事が効率よく終わります。

エリック
Apple Watchを購入して不動産屋の電話に必ず出られる状況を作り出しました!

興味のない物件でもお礼の連絡をおくる

不動産屋さんは新しい物件が入ったら、見込み客に連絡します。

自社で物件を仕入れて、自社で売却した方が儲かるからです。

関係の深い人には電話したり、詳しい詳細はメールしたり。

詳細メールはメルマガとして捉えるのではなく、きちんと返事しましょう。

気に入らない物件でも、「傾きが気になる」「後ろにある崖が気になる」など、具体的な理由を書いて返信します。

返事をする人は少ないので、本当に物件を買いたい人として、印象に残ることができますよ。

物件を買える大家

当たり前ですが、物件を買える大家が好かれます。

物件購入の契約をしてから、融資が通らなく、キャンセルしたいなんて不動産屋からしたら最悪ですよね。

誰でも無駄な仕事はしたくありません。

融資が効く大家さんは好かれます。

さらに現金買いの大家は、不動産屋の手間が減るのでより好かれます。

現金買いの場合、不動産屋がこちらの味方になって、売主に交渉してくれます。

買わない理由を的確に言う大家

紹介した物件の買わない理由を、明確に言う大家さんは好かれます。

この部分がクリアしたら、本当に買うんだなと思わせるからです。

次はこう言う物件を持っていけばこの大家さんは買ってくれるんだな」と思わせることが重要です。

こんな人が嫌われる!嫌われる大家の行動パターン

 

好かれる大家さん、買主になるにはをお伝えしてきましたが、嫌われる大家はどんな人でしょう!

不動産屋も人間なので、めんどくさいのが嫌いです。

こんな大家さんには、ならないように細心の注意を払いましょう。

  • 買う意思がないのに指値する大家
  • 買ってやると言う態度
  • 細かすぎる人
  • 返事が遅い人
  • 約束を守らない人
  • 内見マニア
  • 嘘をつく
  • 最終段階で仲介手数料の交渉

買う意思がないのに指値する大家

買う意思がないのに指値する大家さんは嫌われます。

不動産屋は値下げ交渉の時に、必ず売主さんに「値下げ交渉がきたけど、どうしますか?」と話を持っていきます。

売主さんが値下げ交渉でオッケーを出したのにも関わらず、大家が購入しないと、不動産屋の信用が失われてしまいますよね。

エリック
値下げ交渉するなら絶対に買いましょう!

この値段まで下がったら、絶対に買うと言い切ると不動産屋も売主に交渉しやすいです。

買ってやるという態度

年配の男性に多いのが、不動産屋を自分の社員のように扱う人。

言葉遣いが命令口調の人。

相手は人間です。

お客様は神様という態度をとると嫌われます。

敬意を払って不動産屋と接しましょう。

細かすぎる人

色々なことに細かく指摘する大家は嫌われます。

うるさい買主は、購入後に文句を言ってくる可能性が高いです。

細かいことを言う買主の場合は、不動産会社が売主に「お断りしたほうがいいよ」と伝えることがあります。

できる限り自分で調べたり、小さい部分は自分の中で飲み込みましょう。

金額が安い物件なので、ある程度は仕方ありません。

返信がおそい。連絡がとれない

当たり前ですが、返信が遅くて、連絡がとれない人は嫌われます。

自分が不動産会社だったら、仕事が進まずに連絡無精の人は、迷惑ですよね。

マメな返信するように心がけましょう。

約束を守らない

亀太郎
そんな奴いるのかよ?

約束の日を忘れてしまう。

約束の時間に遅刻してしまう。

誰もが自分の時間を奪われるのを嫌いますよね。

その場では仕事なので、謝ったら快く受け入れてくれるかもしれませんが、よくは思ってません。

内見マニア

買う気がないのに、物件をたくさん見せてくれと言う大家は嫌われます。

自分が不動産屋だったら、仕事の邪魔ですよね。

亀太郎
はよ!物件を買えや

嘘をつく

融資の審査が通りにくいのを隠す人は嫌われますね。

いずれバレることなので、借金や状況も隠さず素直に話しましょう。

嘘をつく人は当たり前ですが、不動産屋からの信用を失います。

ほとんど決まってる段階で、仲介手数料の交渉

仲介手数料の交渉は、最初のうちにしましょう。

不動産屋からしたら、ほとんど話がまとまっている状況で、「安くしてよ」ってきたらイラっとします。

こいつ土壇場で値下げ交渉してくる奴だからな。とあまり良い印象を与えられなくなります。

個人的には不動産業者に仲介手数料の値下げ交渉はおすすめしていません。

不動産業者の利益を奪うことになるからです。

300万円の物件の仲介手数料を3分の1値下げしてもらった場合、値引き金額は約5万円になります。

5万円で不動産業者の利益を奪うよりも、不動産業者に好かれて次の物件を紹介してもらう方が得だからです。

まとめ

嫌われる大家に当てはまっては、なかったですか?

もしも自覚があるのならば改善し、少しづつ好かれる大家になるように心がけましょう。

特に始めの1軒目の場合は、「買う意思がない」と思われがちなので真摯に不動産屋と向き合うと良いです。

東京に住んでる場合は、不動産投資でどのエリアを狙ったらいいの?