物件の値段交渉は面倒くさくない経験豊富な投資家を演じる




Pocket

こんにちは!築古戸建て投資家のエリック@eric7blogです!

物件はできる限りお安く買いたいですよね?

物件の値段交渉のコツは経験豊富な投資家を装います。

現金で購入し、不動産業者に面倒をかけさせない投資家が値下げ交渉に成功します。

この記事では物件の値段交渉する時のコツを紹介していきます。

現金です!を連呼です

「現金で買います」をアピールしまくります。

不動産業者からすると融資の手続きであろうが、現金だろうが手続きの手間が一緒。

銀行融資の場合、銀行側と打ち合わせをしに書類をたくさん作らなくてはなりません。

さらに融資が下りないことを理由に、途中で契約がなくなってしまう可能性があります。

不動産業者は仲介手数料の低い物件に時間を使いたくありません。

現金決済は不動産業者からすると、楽な客なのです。

明日にでも契約可能です!

「極端な話し明日にでも契約は可能です!」と伝えます。

不動産売買契約は契約書の作成があるので、明日契約することはできません。

意気込みの問題です。

不動産業者は、意思決定が早い人が大好き。

家って大金なので悩む人は永遠に悩み続けますよね?

不動産業者も優柔不断の客と日常的に付き合っています。

金額の低い物件に時間をかけていられません。

物件の判断は速攻でしましょう。

内覧をする前に予想賃料を計算し、購入目安を考えておきましょう。

物件をどこで探しているのですかの質問の正解

不動産業者に「物件をどこで探しているのですか?」と聞かれた経験がありますか?

私は「場所にこだわりはありません」と答えています。

例え場所をピンポイントで探していたとしても、想いが強い方が不利になってしまいます。

どうしても売りたい人、どうしても買いたい人が損をしてしまいます。

別にどこでもいいんだけど、というスタンスにすると売りたい方が必死になってくれます。

所有物件数を言わない

不動産業者の多くは、物件を何軒持っているか聞いてきます。

私は執筆現在物件を4戸所有しています。

正直もっと多く所有しているように見せたい本心があります。

「物件何軒持っているんですか?」

と不動産業者から聞かれた場合

「そんなに持っていないですよ。なんとか専業で生活できるレベルです」

と具体的な物件数を言いません。

謙虚にしているフリをして、物件数を多く見せるようにしています。

物件は褒めまくる!

私はボロ戸建てを褒めまくります。

多くのボロ戸建て不動産投資家は物件を貶して値下げ交渉するスタイルです。

私はその反対の褒めまくるスタンス。

不動産業者も痛いほど、ボロくて汚くて、リフォーム代がかかるのはわかってます。

こんな汚いんだから、リフォーム費用が絶対に高い!と思っています。

なんなら汚すぎて物件内に入りたくないです。

物件の内覧が入っても物件の文句を言う人ばかり。

事前に大規模なリフォームが必要と書いているにも関わらず、ボロクソに言ってくる投資家をよく思っていません。

「うわー!結構いいですねー!!

雨漏りしてないのがよいですねー!!

シロアリなくて良いですねー!!」

など、物件の良いところを褒めるようにしています。

不動産業者は、ボロ物件が褒められることに慣れていません。

え??この投資家は、この物件が良く見えるのか?

これでも直すつもりなのか?と本気を認めてもらえます。

数字をボソボソといい計算したいる風を装う

私は物件の良くないところをみてもボロクソに言いません。

その代わりにボゾボソと指で指して数字を言います。

こだぽん
悪口みたいやん

私の場合は欠点をみて、リフォーム代を計算しているように見せています。

計算しているように見せることにより、とんでもない価格の指値をだしても、この人なりの計算があるんだな!と業者さんが勘違いしてくれます。

たまに業者さんに「ここはいくらで計算しているんですか?」と聞かれたりします。

聞かれた場合は、業者にお願いする金額で高めに答えておきましょう。

世間話で所有物件のアピール

世間話で所有物件があることをアピールします。

「台風大変でしたよねーうちの物件が館山市にあって瓦屋が全然見つからないんです。」

など、世間話から所有物件の話を混ぜてみましょう。

嫌味なく世間話の会話に織り混ぜるのがポイントです。

物件をたくさん所有しているとわかると、買い付け申込の信憑性があがりますね。

境界線不明でもオッケー

ボロ戸建ての場合、境界線が不明の場合があります。

賃貸経営するので売る予定もありません。

現金で買い進めているので、融資をうける予定がありません。

「境界線不明でも全然大丈夫です!」と明るく伝えるようにしています。

これもメンドくさくない客アピールの一つです。

出口を考えずに現金で、賃貸経営をするからこそだせる気軽さですね!

残置物そのままでオッケー

不動産業者からのネガティブ説明には明るく「全然オッケーです」で返答します!(配管系は苦手です)

残置物の処理は売主からするとめんどくさいですよね?

そもそも少しでも高く売ろうとしている人は家を綺麗にして売却すると思いませんか。

普通の人が生活用品がそのままの状況で売れると思っているでしょうか。

残置物がある物件は、所有者の物件への愛が少ない物件です。

片付けるのもめんどくさい、できればそのまま引き取って欲しいと思っています。

普通の人はゴミを安く引き取ってくれるなんて知りません。

ゴミ処分するのに何十万円かかるか不安に思っています。

不動産業者も残置物の処理にいくらぐらいかかるかわかっていません。

残置物をそのまま引き取ることにより、値引き交渉が効きやすくなります。

結構リフォームがかかるので、私が買うにはこの金額と断言

「私はこの金額で買います!」と断言しましょう。

不動産業者はリフォームの金額に詳しくない方が多いです。

リフォームの金額を知っていたとしても、業者にお願いする金額。

今まで物件をたくさん再生してきたと思われる私の話です。(信じていれば?)

こんなに物件を直したこの人が言うなら、ボロいしそのレベルの物件なのかな?と思う不動産業者もいます。

通らないかもしれません。

通ったらラッキーぐらいの気持ちで断言しましょう。

自信満々に挑めば、値幅の多い指値でも通りますよ。

この指値が通らなくても、ボロい物件があったら紹介してください!

「この指値が通らなかったとしても、ボロい物件があったら紹介してください。」と帰り際に言うようにしています。

本当に物件を紹介してほしい気持ちもあります。

これを言うことにより、この物件にこだわりがないことをアピールできます。

どこの物件でも良いんだよ!こちらが物件を選ぶ立場ということを意識させましょう。

本当に物件紹介してくださる業者さんもいますよ。

まとめ

物件の値段交渉のコツはいかがでしたでしょうか。

経験豊富な不動産投資家でなくても見せ方はあります。

お気づきかもしれませんが、不動産の値引き交渉は心理学です。

不動産業者に気に入られるか、売りたいと思わせる方法を学ぶことが近道です。

火の玉ガールさんゴリ推しの影響の武器「実践編」を読むとより値引き交渉に有利になりますよ。


影響力の武器 実践編[第二版]:「イエス! 」を引き出す60の秘訣

火の玉ガールこと日野たまきさんのドケチ不動産投資術

Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

エリック不動産チャンネルはこちら