近隣アパートの入居率を調べる方法!物件を購入前調査




Pocket

こんにちは!戸建て不動産投資家のエリック@eric7blogです!

田舎の物件を購入しても入居者がはいるの??と思いますよね!

田舎であっても、周辺にアパートがあって8割埋まっていたら、戸建てを買っても入居者が入るんです。

入居率は外観をよく観察する必要があります。

カーテンはあるのか、物干し竿はあるのか、郵便受けは封鎖されていないかです。

この記事では近隣のアパートの入居率を調べる方法を紹介していきます!

カーテンはあるのか?

一番簡単に空室がわかるのは。お部屋にカーテンがあるのか、ないのかを確認する方法です。

住んでいないのにカーテンがあるなんてありません。

シャッターが降りている場合は、他の方法を紹介しますね。

物干し竿があるのか?

アパートでは、多くの家が乾燥機を持っていません。

ベランダに物干し竿があるか、ないかを確認しましょう。

賃貸物件の場合、物干し竿は最初からアパートに設置している物ではないからです。

たまに前の入居者がそのまま置いていったなんてことがあるので、他の要素も確認してみましょう。

郵便受けが封鎖されていないか?

アパートの場合、入居者が退去すると大家か不動産業者は、郵便受けにガムテープなどを貼り封鎖します。

郵便受けを封鎖しないと、チラシで溢れかえってしまうからです。

集合住宅の場合、郵便受けを確認すると一瞬で入居率がわかりますよ。

電気メーターが動いているのか?

これらの手段の全てを確認してもまだわからないという場合は、最終手段として電気メーターを確認します。

人が住んでいる物件では、冷蔵庫が設置されて降り、必ず日々電気を使っているからです。

人が住んでいない物件では、電気メーターが動いていません。

ただ電気メーターを電気会社ではない人がみていると、近所の人からするとかなりの不審者です。

買いたい物件ならまだしも、他人のアパートはパッと見ぐらいが好ましいですね。

まとめ

近隣アパートの入居率の調べ方は、現地に行けば一瞬で判断することができます。

あまり深く考えずに、とにかく現地に行って、物件を見まくりましょう。

不動産投資家におすすめの車は軽トラック?軽バン?比較してみた




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?