ペット飼育時の退去で原状回復にかかる金額の目安




Pocket

こんにちは!築古戸建て投資家のエリック@eric7blogです!

ペット可物件にしたは良いけど、大家さんからすると原状回復にいくらかかるのか不安ですよね?

本当に回収できるのかという不安もあります。

結論から言うと、大家さんが退去時にお金を回収するのは非常に難しいです。

匂いがひどくても全面張り替え費用を回収することはできません。

この記事では、入居者がペットを飼育していた場合の現状回復費用について解説していきます。

賃貸物件の原状回復費用とは?

原状回復とは、物件の退去時に入居時と同じ状況に戻すことを言います。

入居者が設備を壊しちゃたり、傷をつけたりすると、退去する時は「直すためにお金を払ってねー!」というもの。

一方で、経年劣化といって、冷蔵庫などの家具を置いていたクロスの日焼けは大家負担になります。

通常の使用であれば大家さん負担。

貸主と借主のどっちが支払いをするのか、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を基準として考えられます。

耐用年数を経過したペットによる損傷は請求できる

国土交通省のガイドラインは、クロスとフロアの耐用年数は6年、価値が1円になるとされています。

場所によって耐用年数が違うのです。

  • 畳 経過年数は考慮しない
  • カーペット、クッションフロア 6年
  • フローリング 経過年数は考慮しない
  • クロス 6年
  • 襖 経過年数は考慮しない
  • 柱 経過年数は考慮しない

経過年数がある場所とない場所があります。

経過年数を考慮しない、畳や柱をペットが引っ掻いてしまって傷ができてしまった。

そんな場合は入居者の負担というのは、わかりやすいですよね?

しかし、クッションフロアやクロスのように経過年数を過ぎてしまった部分のペットの傷はどうするのか疑問に思いますよね?

国土交通省のガイドラインでは、経過年数を超えた場合も賃貸設備として、利用する場合があるとされています。

入居者が故意か過失で破損の場合は、本来機能していた状況まで戻さなくてはいけません。

ペットの傷は「通常の使用」ではないですよね。

耐用年数が過ぎて価値が1円になっても、ペットが理由により損傷させてしまった場合は、入居者負担になります。

価値が1円とはいえ、そのまま使える可能性があるからなんです。

退去時に請求する金額の相場は?

退去時の原状回復工事の費用相場になります。

部位金額目安
フローリング1畳 20,000〜40,000円
クッションフロア1畳 20,000〜60,000円
カーペット1畳 8,000〜15,000円
クロス1㎡ 750~1,500円
1面 2,000〜3,000円
障子1枚 2,000〜6,000円
柱(部分補修)10,000〜60,000円
室内ドア、クローゼットドア30,000〜100,000円

職人さんにお願いするので、どうしてもそれなりの金額がしてしまいますよね。

匂いが酷い場合は全面的に変更することが可能なのか?

退去時にペット臭がすると、大家からするとクリーニング代をもらいたいですよね?

犬や猫を飼っている人にとっては日常なので、匂いを感じにくくなっています。

ここが揉めるポイントなんですよね。

原状回復費用は、「適正かつ明確な合意があれば有効」とされています。

合意が得られなければ、入居者が支払う義務はありません。

実は匂いの証明責任は大家にあります。

亀太郎
匂いの証明ってできるの?

匂いを客観的に証明することは非常に難しいです。

特約がない限り、匂いが原因で大家が入居者から消臭代金を回収するのは非常に難しいのが現状ですね。

消臭代の特約を入れていても裁判で認められない

消臭代金15万円を支払う特約を入れていても、裁判で認められない事例があります。

一方で、25,000円と50,000円の消臭代の特約は認められています。

裁判例とはいえ、さじ加減なんですかね。

特約を入れていたからといえ、大家さんは安心できないのが現状です。

ペット可物件は敷金2ヶ月分請求するべし

大家さんの立場は非常に弱いのが現状です。

請求しても払ってもらえない場合がありますね。

金額を請求しても、無視されたら終わりです。

裁判や少額訴訟でも大家さんの立場は弱く、回収できるとは限りません。

ペット可物件の場合、損傷や消臭費用で、かなりの金額がかかってしまうことがお分かりいただけましたでしょうか。

ペットを理由に大家さんがお金は回収するのは非常に難しいのが現状です。

大家さんからすると大切な貸家。

後々に回収するのは、とっても厳しいので敷金焼却や家賃の敷金2ヶ月分を預かっておきましょう。

この状況だとペット可物件が少ないのも納得ができますね。

ペット不可賃貸物件で犬猫を飼っていても強制退去できない




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?