施設賠償責任保険に大家が加入すべき理由




Pocket

こんにちは!築古戸建て投資家のエリック@eric7blogです!

「施設賠償責任保険」って入っていますか?

大家さんであれば施設賠償責任の名前ぐらいは聞いたことあるのではないでしょうか。

実際にどんな保険なのかわかりにくいですよね。

実はこの施設賠償責任保険は1,000円程度で加入でき1億円の保証がある、コストパフォーマンスがとても良い保険なのです。

大家さんなら絶対に入るべし理由を解説して行きますね。

施設賠償責任保険とは?

施設賠償責任保険とは、物件の欠陥や事故により人に怪我をさせてしまったり、損害を与えてしまったときに保証してもらえる保険です。

火災保険のオプションとして「施設賠償責任保険」があるので、施設賠償責任保険のみで契約できない場合が多いです。

火災保険や地震保険との違いは、第三者である人に法律的な賠償責任が生じた場合のみにおりる保険になります。

なんと1億円まで対象内?保証事故例は?

施設賠償責任保険といっても具体的にどういう時に保証がおりるのかわかりにくいですよね。

こんな時に利用できます。

  • 風が瓦が飛んで、通行人や通行していた車に当たってしまった
  • 階段の手すりが突然外れて入居者がケガをしてしまった
  • 配管から水漏れして、入居者の家財道具が壊れてしまった
  • 壁から釘が出ていて、入居者がケガしてしまった

怪我人を病院に運ぶ際のタクシー代も費用として請求できます。

物を壊してしまったり、人にケガさせてしまうと、とんでもない金額になってしまいます。

施設賠償責任保険の上限は、1億円までの会社が多いです。

何かあっても費用面ではリスクを抑えることができます。

訴訟費用や弁護士費用まで出してもらえる

ケガをさせちゃった後に、賠償金の支払いについて裁判になってしまった場合は、弁護士費用や裁判費用も保証されます。

通常、弁護士費用はとても高額です。

しかも裁判は長期に渡ります。

裁判になってしまった場合も、弁護士にお願いすれば良いので安心できますね。

施設賠償責任はとにかく安い

1億円まで保証してくれるなんて、保険料金が高いんじゃないの?

って思いますよね。

実は1,000円前後で加入することができます。

火災保険入ったけれど、施設賠償責任を特約でつけるの忘れてしまったという方も大丈夫です。

今からでもオプションのみ、追加で加入できます。

たった1,000円でリスクが劇然すると思うと入るに越したことはありません。

まとめ

近年、想像できない天災が多いですよね。

何か飛んでいって、人様や入居者をケガさせてしまう可能性はあります。

不動産投資でリスクを最小限に抑えるためにも、施設賠償責任保険の加入を検討されてはいかがでしょうか。

 

合わせて読みたい火災保険

戸建て不動産投資の火災保険について!特約や加入している会社は?