不動産投資セミナーでオススメの学び方!成功大家になる方法




Pocket

こんにちは!不動産投資セミナーで3年ほどお手伝いしているエリック@eric7blogです!

私は数多くのセミナー受講生をみてきました。

受講生の中で確実に成功しているタイプの人がいます。

一番前の席で熱心に頷きながら授業を聞き、質問をし、自分なりのアレンジをせずに行動する人が伸びています。

この記事では不動産投資セミナーで伸びるタイプを紹介していきます。

一番前の席に座る

セミナーに参加するなら最前列の真ん中の席に座るべきです。

最前列の真ん中の席に座ることにより、講師に覚えてもらうことができます。

最前列に座ることにより、集中して話を聞くことができます。

セミナーの後ろに座っている人は集中力がなく、自分まで気が散ってしまう可能性があります。

セミナーの参加者は無表情で話を聞いている人が圧倒的。

エリック
セミナーは笑ってもいいのです

講師の中には笑わす為にジョークを言ってくる方もいます。

笑顔あふれる朗らかな空気でセミナーをしたいと思っているのです。

特に不動産投資は真面目な方が多く参加するセミナー。

笑顔で「うんうん」と頷くと講師も安心して話を進めることができます。

講師も人間です。

自分が話していることを聞いてもらえていると嬉しいものですよ。

講師にたくさん質問する

毎回質問しようと思ってセミナーに望みましょう。

質問を絶対にするぞ!という気持ちでセミナーに臨んでみると、より記憶に残るそうです。

「今日の授業の内容は絶対にテストに出ます。」と言わせたら、めちゃくちゃ真剣に授業を聞きますよね?

それと同じで絶対に質問するぞ!と思いながらセミナーを聞くことでより頭に入ってきます。

質問することにより、自分の記憶に残ります。

良い質問は講師に喜ばれます。

講師自身が当たり前だと思っていたけれど違う!ということに気がつけるからです。

初心者のつまづく場所がわかるのはありがたいです。

言われたことをそのまま実行する

言われたことをそのまま実践する人に成功している人が多いです。

年配の方や自信がある方がよくされる過ちは、自分流にアレンジしてしまうこと。

はじめてのことに対して、「こうした方がいいんじゃいか?」と楽な方にアレンジしてしまいます。

人間は少しでも楽に生きたい生き物。

楽をしてしまうとキリがありません。

「でも〜」と言って、言われたことを実行しない人も多いです。

あなたが選んだ講師は、何十軒もの物件を所有していますよね?(経験豊富な講師を選んでください)

何十軒も物件を持つまでに、トライ&エラーを何度も繰り返しています。

同じ種類の手法を使うのに、何十回もしている人の言っていることが正しいのです。

それを初めての人がとやかく言っていると伸びません。

まずは実行する。実践してみる。

もしも自分に合わないのであれば、変更してみれば良いだけです。

自分がこうなりたいという大家さんの言っていることは、まずはやってみましょう。

すぐに行動する

勉強したことをすぐに行動できる人は少ないです。

「1日3件の物件を問い合わせをしましょう」と習っても問い合わせできる人は多くありません。

物件を購入するまでには、物件を検索し、問い合わせて内覧に行くというステップがあります。

全てが行動あるのみ。

行動し続けた人が勝ち続けます。

「この物件がいいな!」と思ったらすぐに行動をする。

ライバルが遊んでいる間に、仕事している間に、寝ている間に勝ちにいきましょう。

まとめ

不動産投資セミナーのおすすめの学び方いかがでしたか?

人間の記憶に残すことは大変です。

小難しい分野だからこそ本気で挑みましょう。

真剣に学びましょう。

では、どんなセミナーが良いの?って思いますよね。

私が実際に参加したセミナーの体験談はこちら↓

【実体験】初心者におすすめの不動産投資セミナー!講師の紹介

Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

Twitterのフォローはこちら