【賃貸物件】100万円もらって退去しました。




Pocket

こんにちは!戸建て投資家のエリック@eric7blogです!

不動産投資を勉強する費用って、結構かかりますよね。

書籍をたくさん読んで、セミナーに通ってようやく物件を購入します。

最初の勉強代だけで、数十万円とんでいってしまうこともあります。

私がよく初心者の方にお話ししているのが、一軒購入すれば一瞬で元がとれますよ。と言うこと。

実は物件を購入しなくても、不動産投資を勉強したことにより自分が住んでた物件から退去するだけで1ヶ月分の敷金含め100万円以上が手に入ったことがありました。

突然の退去依頼がきた

私は1年半前、新宿駅から徒歩で帰れる家に住んでいました。

一軒家の1階を私が賃貸で借りていて、1階といっても玄関が各家にあり完全に独立した家。

借りているお部屋は50平米と、とても広いお部屋でお庭もついているほど。

キッチンや寝室も広く、大人数をホームパーティーに呼んだりできるほどの広さでした。

仲介の不動産屋さんにも借りる時に、「家を購入する以外で、出て行く理由がない」と伝えていたほど。

お気に入りの家だったので、居心地がよく4年ほど住んでいました。

それが突然、大家さんが海外移住するために売却されて、所有が不動産屋の元に移ったのです。

お家のことでお話ししたいことがあります。と手紙が!

不動産屋さんの事務所に行くと、家を壊したいから出て行ってくれ!とのお話しでした。

エリック
嘘やろ・・・

価値が上がった私を追い出して、もっと高く貸したいに違いない。

なぜならば私の住んでた家は、新宿駅にも近く全面リフォーム後で、キレイで新しく、4年間一度も不具合が起きてなかったからです。

値段交渉の末に勝ち取った金額

貸主から退去依頼が来たことで不動産投資を勉強していたことが役立ちました。

日本では大家さんよりも借主の方が立場が圧倒的に強いことを知っていたからです。

貸主が借主である私を追い出すには、訴訟を起こし、引き渡し命令、強制執行の手続きをしなくてはなりません。

強制執行をするには、最低でも3ヶ月かかり莫大な費用がかかることになります。

損得を考えると強制執行の費用よりもある程度の金額交渉は受けるなと感じました。

強制執行にかかる値段と時間を知っていたからこそ強気に交渉することができたのです。

結局、預けていた敷金143,000円を含め100万円以上の支払いを貸主に合意してもらうことに成功したのです。

貸主の条件は半年以内に退去することのみで、退去の1ヶ月前には連絡してね。と緩い条件でした。

引っ越し先にお金をかけない工夫

気に入っていた家を突然退去しなくては行けなくなったのが6月で半年以内には出て行かなくてはいけませんでした。

不動産はいつ借りるのが賃料が高いか知っていますか?

1年の中で2月と3月の値段が高くなります。

新学期前や、会社の関係で引っ越さなくてはいけない人が多いからです。

一度値段が決まってしまうと、ずっと同じ金額を払い続けなくてはいけません。

できれば安い時期に引っ越しをしたいですよね。

私は節約のために、礼金と仲介手数料が必要のない国が運営しているURに住むことにしました。

引っ越し代金は6万円ほど必要でしたが、URにした為100万円ほどの手のこりができたのです。

家賃も以前住んでいた物件と同じ金額の143,000円に住みかえることができました。

まとめ

不動産投資を学んできたことにより突然のラッキーがきた時に100万円というチャンスを掴むことができました。

その金で新しい家具を購入したり、母に洗濯乾燥機と新しい掃除機を買ってあげました。

不動産投資を勉強するには、本代やセミナー代と高額ではありますが、知識はお金になりますよ。

UR賃貸が一人暮らしに向いている9の理由




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?