「築古」の読み方は?築古物件とは?




Pocket

「築古」の読み方は「ちくふる」と読みます。

築古の意味は、築年数の古い物件のことを言います。

不動産投資では、「築古物件」(ちくふるぶっけん)と言います。

築古物件(ちくふる)とは?

築古物件とは、物件の築年数が経過している物件のことを言います。

ふかぽん塾【FFC】に入会したら利回り672%が出せました

築古戸建て物件の見つけ方

築古物件を見つけるには、インターネットで探す方法と不動産投資家からの紹介、自分で空き家を見つける方法があります。

少しでも安く物件を購入したいですよね?

築年数が古い物件であればあるほど、市場には出回りません。

不動産業者の仲介手数料の上限が決められている為、割の合わない仕事をしたがらないからです。

インターネットで探す場合は、

  • at home
  • SUMMO
  • HOME’S
  • 健美家
  • 楽待
  • 空き家バンク
  • 家いちば

などサイトがあります。

築古物件のメリットはお安く物件が手に入る

築古物件を購入するメリットはお安く物件を手に入れられることです。

築古物件の多くが建物に価値がないので、土地値や土地値以下で購入ができます。

築古物件のデメリットは修繕の必要がある

築古物件のデメリットは、ガタが来やすいところです。

人が住んでいると木造物件は痛みにくくはあります。

築40年経過してしまうと、設備や配管などを修繕する必要が出てきてしまいます。

初心者が田舎で戸建て不動産投資を始める方法をイチから全てを解説




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?