不動産売買契約【5つの得】物件購入前に知っていると得する




Pocket

こんにちは!築古戸建て投資家のエリック@eric7blogです!

不動産を買わせてもらえることになったけど、やるべきことないかな?と思いますよね。

物件の売買契約前に実行するだけで得することがあります。

売買契約書の土地と割合を記載してもらい、業者指定の司法書士を利用しないことです。

この記事では売買契約前に知っていると得をすることについて紹介していきます。

売買契約書に土地と建物の割合を記載

建物と土地の割合を契約書に記載してもらうことを不動産業者にお願いします。

土地は減価償却できずに、建物だけが減価償却の対象です。

減価償却とは物件の購入価格を一定年数に分けて経費として計算数する計算方法。

時間が経過すると勝手に価値がなくなってくれるのです!

木造戸建ての場合は、築年数22年を経過すると建物の減価償却は4年間。

構造耐用年数
木造戸建て22年
レンガ、ブロック造38年
鉄骨鉄筋コンクリート47年

土地と建物の割合が契約書に記載されていない場合は、固定資産税評価額から割り出されるのが一般的です。

土地であれば土地の時価の70%が固定資産税評価額の目安になります。

「土地と建物の割合を契約書に記載して」と不動産業者に伝えてもわからない場合があります。

伝わらない場合や断られた場合は、上記の画像を見せて同じように記載してもらうようにお願いしてみましょう。

エリック
あくまでもお願いするという立場が重要です

契約書に記載してもらうと大抵の場合、減価償却の割合が有利になります。

業者指定の司法書士を使わない

不動産業者のお抱えの司法書士を使わないと2万円〜3万円費用を抑えることができます。

契約の日程の話になったら、司法書士さんは自分で見つけてくる!」と伝えましょう!

不動産業者は慣れているので了承してくださります。

司法書士さんが決まり次第、連絡すると伝えて見つかったら「〇〇司法書士さんに決まりました!」と詳細を教えるだけ!

「◯◯(地域) 司法書士」とネットで検索。

検索してトップに出てくるサイトは、高額なところが多いので気をつけましょう。

地域の司法書士がまとめられているサイトで、名前だけでホームページを作っていないようなところの値段がお安いんです。

知り合いの紹介からじゃないと仕事がなさそうな、おっさんはどうしても仕事が欲しい!と言う気持ちで安めの値段を提示してきます。

戸建ての名義変更をお願いしたいのですが、手数料は大まかにいくらかかるか教えてください!と伝えるといくつかの質問の後に答えてくれます。

  • 場所はどこにあるのか?
  • 不動産会社から物件を買うのか?
  • 土地と建物か?
  • 土地は一筆か?

契約書は決済3日前までにデータでもらう

契約書は契約日の2、3日前までにデータを送ってもらうようにしましょう。

重要事項説明書と売買契約書の2点です。

こだぽん
事前に送ってもらう必要ってあるの?

不動産業者も人間ですのでミスをします。

最初に教えてもらった詳細と違うということは多々あります。

浄化槽と聞いていたけど、井戸だったら購入したくないかもしれないですよね?

もう一つの理由として、契約書を当日に渡されても難しい用語だらけで頭に入りにくい点もあります。

自宅でゆっくりと契約書に目を通しておけば、こちらに不利な点を見落すこともなく確認ができます。

契約書を事前にもらうことにより、疑問に思ったことを不動産業者に質問することもできますね。

住所スタンプの作成で手間を省く

契約に向けて住所と名前、電話番後のスタンプを作っておくと便利です。

不動産売買は住所と名前を書かなくてはいけない書類がたくさんあります。

契約日以外にも、不動産投資を始めると書面でのやりとりが増えます。

この機会に住所スタンプを作っておくと時間と手間が節約ができますね。

住所スタンプは2,500円ほどで作成することができます。

即日発送のハンコヤドットコムはこちら

契約に必要な書類の準備

契約に必要な書類の不備がないか準備しておきましょう。

運転免許の住所変更や実印の登録など、事前にしておくといいですね。

個人に取引で必要な書類は

  • 住民票
  • 個人の実印
  • 印鑑証明書
  • 通帳と銀行印
  • 本人確認書類(免許証等)

法人取引で必要な書類は

  • 資格証明書(全部事項証明書等)
  • 法人の実印
  • 法人の印鑑証明書
  • 通帳と銀行印
  • 法人代表の本人確認書類

まとめ

不動産の売買契約の前に知っているだけで得すること、いかがでしたがか?

土地と建物の割合と、司法書士費用は実際に金額が変わってきますね。

物件を購入できると決まったとはいえ、キャンセルされてしまうことはあります。

不動産業者にめんどくさい客と思われないように、油断せずに一つ一つ慎重に対応していきましょう。

不動産業者から好かれる大家と嫌われる投資家




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?