不動産投資家は職業訓練校に通うべきではない【DIYは大家から学べ】




Pocket

こんにちは!築古不動産投資家のエリック@eric7blogです!

専業大家になる前に職業訓練校に通ってみたいと思いませんか?

自分の物件をDIYリフォームすることが目的であれば、職業訓練校に通うべきではありません。

職業訓練校で毎日フルタイムで、一寸の狂いのないリフォーム技術を学ぶよりも、他のことに時間を使うべきです。

大家が必要な技術は完璧にリフォームすることではなく、より高い家賃で入居者を決めることだからです。

この記事では不動産投資家が職業訓練校に通うべきでない理由を紹介します。

職業訓練校とは?

大家が集まるとよく話題になるのは、会社をやめて職業訓練校に通いリフォームを学ぶという話です。

職業訓練校とは仕事を失ってしまった人、再就職のためにスキルを身につける学校です。

テキスト代は自己負担ですが、講義は無料で受けることができます。

学べる講座は?

  • パソコン、プログラミング
  • 簿記、経理
  • 介護
  • 医療事務
  • 機械、電気

地域によって、受けられる学科が違います。

職業訓練校で勉強すること

不動産投資セミナーで知り合った方の話では、職業訓練校では既に物件を数件持っている大家さんが多数いたとのこと。

ようするに専業大家さんが、職業訓練校に勉強しにきているのです。

多くの大家さんがいる職業訓練校は

  • 住宅リフォーム科
  • 室内施工コース
  • 木造建築科

道具の使い方から、学ぶことができます。

職業訓練校は、失業してリフォーム業界に入る人向け。

そのため、一寸の狂いなくキレイに作ることが求められます。

エリック
ミスをしてはいけないのです

リフォーム業者さんにお願いすると、大抵はびっくりするほどのクオリティーに上がってきますよね。

職業訓練校に通うメリットは、リフォームを手伝ってくれる仲間ができること。

数ヶ月間フルタイムで毎日一緒に過ごすからこその仲間ができます。

大家が必要なDIYスキルとは?

大家さんが必要なDIYリフォームのスキルは、入居者がより高い家賃で住んでくれるようにすること。

たったそれだけなのです。

家賃を払ってくれる入居者をたった一人見つければ良いだけ。

悪く言えば、内覧の日だけ納得してくれれば良いのです。

プロのリフォーム業者と違い、完璧なクオリティーは求められません。

実際に私の所有物件は、散々たるリフォームでも75,000円で入居者がきました。

エリック
入居者が決まれば、それが正解なんです

大家さんは短期間でリフォームし、貸し出すことが大切ですよね。

ここも!あそこも!とクオリティーを重視してしまうと、いつまで経ってもリフォームが終わりません。

費用をかけずに入居者を決めることこそが正解なんです。

大家のDIYプレイヤーに学ぶべし

職業訓練校は大工になるための勉強。

大家が勉強するべきは、入居者が決まるためのスキル。

エリック
似ているようで違います

職業訓練校でフルタイムで勉強する時間って勿体無くないですか?

リフォームは、ぶち当たってから学べばいいんです。

フルタイムでリフォームをキッチリ学ぶ時間は、物件探しにあてましょう。

大家が必要なDIYリフォームスキルは、1mmの狂いなく完成させる必要はありません。

入居者が決まればいいんです。

大家は多くのことを自分1人で対応できる方が利益が上がります。

大家が必要なDIYスキルは、大家に習うべきです。

綺麗に家を完成させる能力よりも、どうすれば入居者が決まるかの能力の方が大切です。

私は現在、ヤンチャ大家ふかぽんさんの塾FFCでDIYリフォームを学んでいます。

毎月の塾費用は5,000円です。

当たり前ですが時間は有限です。

リフォーム業者に就職したいのではなく、大家になりたいのであれば大家から学んでみてはいかがでしょうか。

ふかぽん塾【FFC】に入会したら利回り672%が出せました

 




Twitterでは毎日不動産投資に関する役立つ情報を発信しています。

内覧した物件の良いところ、悪いところ、DIY、不動産投資で気がついたポイントを画像付きで紹介しています。

ブログの更新もTwitterにてお知らせしています!

エリックTwitterのフォローはこちら

YouTubeのエリック不動産チャンネルでは、ハプニングありの実践ボロ戸建て不動産投資をお届けしています!

 

SUZURIにてポップで可愛いTシャツやパーカーも発売中!残置物撤去やDIYに汚れても良いお洋服としていかかですか?